久々投稿(作業も久々)

久しぶりにブログ投稿。DIY記事で画像がちょっと多いので。
先々週辺りにやったことを今更ながら記事にする。
それなりに色々とやってはいると思うのだけど、
わざわざ記事にするほどでもないか…と思って断念している。
いや、そんなこと考えてはいかんのよね。
うまくなるまで待ってたら一生ステージに上がれないぜって
だれかも言ってた。

明日はカーステにAUX端子を増設したネタを投稿する、予定。

ってなわけで。

嫁さんのiphone5sがかわいそうなことになりました。
完全に液晶がお亡くなりになって、
画像では分かり辛いですがひん曲がって浮いてます。
まるで事故にあった軽自動車のよう!(落下したらしい)
とりあえず俺が使ってたサブiphone5sにデータ等移行して、
ほぼノンストップで使用してもらってますが、
流石にこのままにはしておけないので…

前xperiaの液晶を変えた時は10kぐらいかかったので今回も覚悟していたんだけど、
流石はiphone、端末シェア高いだけあって(androidは機種乱立してるから機種シェア、って考えだとiphoneすげーよね)、
純正じゃなければめちゃくちゃ安く買えた。

今回はアマゾンさんで購入。
交換用の液晶も、
バッテリーも工具付きの交換セットで3000円切るぐらいでした。
分解中の細かい画像は取ってないですが、こちらとかを参考に分解。

で、こんな感じに。
完全に液晶が粉々だったんで、もう剥がすのは楽でした。むしろ破片めくってく感じで。

んで、組み立て完了!
初めてだったんでちょっとドキドキでしたが、問題なく起動。
フロントカメラも、指紋センサーも問題なく動作して一安心。

ただし、画面上部にちょっと焼けのようなものができてしまったのが残念。
多分端子の接触不良かな?動作には問題ないけど、次回はもっとうまくできるな。

あえて白iphone用の液晶にしたので、通常ラインナップにない感じ。
(ボタンはセンサー内蔵なので元の色のまま)
パンダっぽくなってかわいいから気に入っている。

サイドの傷もすごくて画面焼けもできてしまったので、
嫁さんには今使ってるiphoneをそのまま使ってもらって、こっちは俺のサブ機にしよう。
嫁さんはiphone 5sがお気に入りだそうなので、
嫁さんの今使ってるやつがおかしくなったらまたこれが嫁さんにいって、
おかしくなったのを俺がなんとか直して…を繰り返すことになりそう。

ついでにバッテリー交換するか、なんて思って部品は買ったけど、
ちょっと気持ちが萎えたのでバッテリーはまた今度だ。
工具付いてたからよしとしよう。すげー捗った。

今朝見た夢の話

夢を見た。

二人の男…あるいは少年なのかもしれない…が出てくる夢だ。
あるいは出てくる動画を見る夢、なのかもしれない。

一人は容姿端麗で成績優秀、
人気もありいわゆる優等生といった男だ。

もう一人はお世辞にも容姿がいいとは言えず、成績も同様、
いわゆる劣等生で回りにもなじめずよくいる浮いた男だ。

この二人が課題か何かでショートムービーを作ることとなった。
或いはこの二人の作品だけが候補に残ったのか、それはわからん。

どちらも甲乙つけがたい出来で一級品に属する作品であった。
しかしながら、判定はくださなければならないらしい。
優等生の作った作品はいわゆる教科書通りの作品ではあったが
決して退屈な作品ではなく、わかりやすく、ベタっていいよね、
と思わせてくれる作品であった。

対して劣等生の作った作品は難解で、テーマも重く、
一見すると優等生の作品のほうが優れているようにも見えた。
しかしながら、作品の持つ力があるというか、
なにか引き込まれるものがあり、
感動なのかなんなのか、
何かわからないが涙が出てくる作品であった。

甲乙つけがたいが、
作品としては劣等生の作品のほうが優れていると私は思った。
そしてそれは優等生も自分自身でそう思っているように見えた。

しかしながら判定人(先生?)の判定は
優等生のほうが優れている、というものだった。
私自身は納得がいかなかったが、
本人たちもそれは同様のようだ。
しかし優等生は抗議するものでもなし、
回りも空気を読んでさすがーなどと言っている。
だが、劣等生はそうではなく、理由を聞いた。
「どちらも作品も素晴らしいが、優等生くんは普段の素行もよく、人気があり他の成績もよいからそこを加味しての云々」
といったような理由であった。
劣等生は、
「人気や容姿や成績が、仕上がった作品に関係あるかよ」
といったような言葉を吐き捨た。
この言葉に衝撃を受け…そして目が覚めた。

話はこれでおしまい。
あなたなら、どう思いますか?なんてね。

全然そんな気しないけど

気が付けば年末、年の瀬ですな。
全然そんな気しないけど、カレンダーを見ると否が応でも今年は終わりだって感じで。

今年はなんか色々あったけど、まずはこれを見てほしい。

(公式動画ではないのだけど)
どうだろうか。
うんすごいね。うまいね。名曲だね。

それもそうなんだけども、ラリーカールトンさんめちゃくちゃ楽しそうじゃないですか。
もう見てるこっちまで楽しくなるぐらいギター弾くのが楽しくてしょうがないって感じで弾くじゃないですか。
今年改めて見て、あぁ、すげぇ楽しそうだなぁいいなぁと思ったとともに、
俺は楽しめてるのかな?俺が楽しいことってなんだろな?とも思ったわけですよ。

三十路になった去年はなんか人生の射程距離が見えちゃったなーとか思ってたけども、
三十路を超えた今年はいい意味で人生の主人公感がなくなったというか、
肩の力が下りたというか、そんな回りのことなんてそんなに気にしなくてもいいんじゃない?
なんて思ったわけですよ。

去年子供ができたことがわかって、今年の頭に無事生まれて父親になったってのも大きいのかもしれない。
この子はこの子の人生を歩むわけだけど、その人生の参考になるべき自分の人生を、
しっかり自分の意志で歩めているわけだろうか?なんて思ったりしたわけで。

仕事って辛いことだし、辛くないと仕事じゃないと思ってたし、
楽しいことをすることに罪悪感を感じていたんだよね。
俺ばっかりこんな楽しいことしていいんだろうか、とかさ。
それに自分に自信がないからさ、知識も技術も経験も全然足りないし、
頭もよくないからどうせできないし、とか思ったりさ。
だから自分の中で勝手に世間の目みたいなものを作ってしまって、
楽しいことや幸せなことをしている自分を勝手に叩くっていう状況を
心の中に作ってしまっていたんだね。(経験しないと経験値は得られないのにね)

でもそんな人は自分が勝手に作った人だし、
いや確かに一部そういう人はいるけど、
必要以上にそういう人のことを気にする必要もないし、
なによりそんなことにびくびくして楽しいことを我慢するような人生を
我が子には絶対歩んで欲しくないな、って思ったから
だったらまず俺がそんなの気にしないで楽しいと思えることでお金を稼いで
楽しい人生を送ってやろうじゃないの、と思ったわけで。

で、よくよく考えてみたら、嫁さんはずっとそういうことを俺に言ってくれてたんだよね。
楽しいことを思いついてさ、こんなのどうかな?っていうと
「それすごくいいね!」とかさ、「もっとできるんだからやったらいいのに」とか
付き合った頃からずっと言ってくれてたわけだし今も言ってくれるわけですよ。
今更ながらそれの真意に気付くってものしょーもない話なんだけど、
ほんとにありがたい。
子供ができても転職とかに対して「いいんじゃない?」って言ってくれる嫁さんには頭が下がります。

俺はできない側だからIT業界ではやっていけないな
なんて思って一度IT前線からは身を引いてしまったし、
できる人の集まりだから怖いって思っていたITベンチャーにも
できないけどできる人になりたい!って思い切って飛び込む勇気を
くれた嫁さんにはほんと感謝だなぁ。
もっともっとできる人になりたい。今は素直にそう思えるようになりました。

リルケだかが
「朝起きて詩を書くことしか考えられなかったらあなたはもう詩人です」
みたいなことを言ってたけど、
寝ても覚めてもITと音楽に絡めてしか物事を考えられないし、
どんどんそういう方面に潜っていってしまうオタク気質な俺は
できなかろうが経験が足りなかろうが兎にも角にもやってくしかないもんね。
だって他に考えられないんだもの。

そう割り切ったらなんかできないことも楽しいし、
できたときは勿論楽しいけど、
できなくてうんうん唸って考えたり調べたりしている時間も
最高に楽しい時間になったよね。

もっと早くこういう気持ちになって学生時代とか
研究とか勉強とかしておけばよかったなぁと思うこともあるけど、
回り道したからこそ会得できたのかもしれないし、
しておけばよかったなぁ、は今からするべきことだし、
自分の中でやっとやる準備が整ったってことだから、
どんどん色々楽しいことを片っ端からやっていこうと思いましたまる。

というわけで、出産、退職、起業、転職等、盛り沢山で疾風怒濤の一年だったけど、
総じて今年も良い一年だったな、と思います。
我が家にかわいい天使が増えたしね(親バカ)

それでは皆様、今年もありがとうございました。
よいお年をお迎えください。
皆様にとって2018年も素晴らしい一年でありますように。

格の違いを見せつけられる人生だった

(久しぶりに日記を。長文を書きたい気分になったので。完全に自分向け。)

自力の違いもそうだし、これまでにかけてきた時間や情熱もそうだし。

(自分からみて)能力のある人っては、
もちろん元の能力に違いがあるのは当然だけど、
それだけでなくこれまで歩んできた道において相対的に
それに費やしてきた、語弊を恐れずに言えば支払った対価が違うわけで
当たり前のようにインスタントにできるようになるわけじゃない。
もちろん簡単にできるようになる人はいるけど、
それにしたってしっかりとした基礎の上に成り立っているものなわけで、
赤子の状態からなんでもできます!なんて人はまずいないもんだろうね。
(もしかしたら極々僅かにいるのかもしれないけど)

まぁそんなことを改めて実感させられました。
そういう意味でも俺はまだまだ生け贄が足りない。
生け贄とか犠牲にっていうと語弊があるけどね。
捨ててるみたいだもんね。
時間は使うがそれは捨てたことにはならないもんな。

ちょっと話はずれるけど
どんな時間の使い方をしたって捨てることにはならないなと
最近感じます。
積み重ねているというか。
その時間を支払ってゴミを積むのか宝を積むのか、
結局の所返ってくるし、ゴミと感じるか宝と感じるかも
考え方次第なところもあるしね。
それこそジャンク品の山をゴミと見るか宝と見るかみたいな感じでさ。
ゴミのように見えてもうまく使えば武器になるかもしれんですよ。

本当に積み重ねられているだろうかなんて思う瞬間、
例えば全然成果が出ないように見えても、
ふとした瞬間身についてることを実感する、みたいな感じでね。

そもそもの話、自分はそんなにできるほうではないのだよね。
わかってはいたことだけど。
できる方じゃないってことを考えていたらふと陸上のことを思い出したのだけど、
小学、中学、高校と陸上競技をやってきて、
それなりに足の早いほうだったけど、
それでも陸上競技者としては中の下ぐらいだったのではないかしら。
だって個人のトラックでは表彰台のったことないもんなぁ。
リレーとかならあるけどさ。
小学、中学とそれなりかなと思ったら
高校でもっと早い人もいて(高校で言えば学力もそうだね)、
結局トラックであまり大会でなかったもんなぁ。
まぁ、そんでもフィールド競技で東北大会にはいけたわけで、
それまでにトラックで練習してきた時間と、
フィールドに転向してから積み重ねた時間はやっぱり身を結んでいるわけだなぁと。

で、学力といえば大学に入ったあともお世辞にも成績はいいほうだとは言えないと思うし、
講義も演習も全部理解して解けたかっつったらそりゃ疑問は残るしね。
今もやっぱりわからないことに直面したりすると大学時代なにやってたんだよなんて
思うことはありまくりだけどもそんなんでもうんうん唸って考えると
急にわかったりすることがあるしね。
それはやっぱりそれまでの下地があって初めて今使った時間で到達した、
ってことになるんだろうなぁ、なんて繰り返しですけども思うわけです。

ギターでもこの前ずっと弾けなかったフレーズがふとした瞬間に弾けるようになったりしたもんね。
いい意味でも悪い意味でも、時間は嘘をつかないな、と思った次第でございます。
こんなふうに考えられるようになったのも30を超えたからなのかしら。
30を超えるとなんか、いい意味で人生の主人公感が薄れる感じがする。
それについてはまた今度書こう。まだまとまってないや。
この文量書いてる時点でこのテーマもまとまってないけどな!

まぁそんな風に落ち込んだりしたけども私は元気ですな感じで終わってもいいんだけど、
でもこんなことはすぐできたぜ!みたいなことを書いて
自分を慰める行為を行いたい。(完全に自己満足)
S3(AWS)にアップロードを簡単にしたいよ、みたいな話があって、
AWS CLIで簡単じゃないスかって話なんだけど、
コマンド打つのもちょっとね、って言われたので
じゃバッチじゃバッチ、ってことで作ったんだけど。

でもこれ自分でも使えるじゃーんってことで忘れないようにブログにするよ。


@echo off
SET AWS_ACCESS_KEY_ID=hogehogehogehogehoge
SET AWS_SECRET_ACCESS_KEY=fugafugafugafuga
SET AWS_DEFAULT_REGION=ap-northeast-1
SET AWS_DEFAULT_OUTPUT=json
if "%1"=="" call :s3ls
aws s3 cp %1 s3://<あなたのバケットよ>
goto :eof
:s3ls
aws s3 ls s3://<あなたのバケットよ>
pause
goto :eof

確かこんな感じ。
バッチのSETロケールはファイル内のみなので
安心して叩けるね(恥ずかしながら知らなくて調べた)。
これを適当に[hoge.bat]とかに保存して、
ドラッグ&ドロップでアップロード、
ダブルクリックでリスト表示ができるよ!やったねたえt
※AWS cliの事前インストールとユーザ作成は必要。

ちなみに特定バケットのみにアップロードできるようにポリシーきったら
アップロードはできたけどlsが権限がねぇって怒られた(一敗)
lsだけは全バケット見れないとダメなのかしら?
ちょっと権限弄ったはみたけどそんなに時間がなかったから
結局リードオンリーポリシーつけて解決したんだけど、なんとかならんのかしら。
まぁ、リードオンリーだからいいのかなぁ。

NGワード:新しいの買え

zoomさんのs2tってオーディオインターフェースがありまして、(これね)
大学2年だかの頃に初めて買った
オーディオインターフェースなわけで
思い入れがあるんですよ。
ZFX Plug-inなる素敵ソフトもついてるし。

だからといってまだ使うっていうのかって話なんですけども。
いやでもさ。
使えるのに勿体ないじゃない。
見た目も気に入ってるしさぁ。

と、いうわけでwindows 10 64bitになった
今でも使えるようにしてみようってことで。

ちょっと調べた感じだと、
windows 7や8で使ってみたなんて人は
ちらほらいらっしゃるんだけども、
windows 10で使ってみた!
なんて人は見つけられませんでした。
流石に新しいのを買ったりしているのだろうなぁ。

まぁ、7や8で使えるなら10で使えないわけないので、
わざわざ記事にしていないだけかもしれない。
記事の需要もないって話か。

で、結局のところ7や8と同じ作業をするだけなんだよね。
まずZOOMさんの公式サイト
driverをダウンロードして、インストール。
途中エラーが出ても気にしない。

そんでコチラからasio4allをダウンロードのちインストール。

で、普通にZFX Plug-inを起動すると
「zms2c5ap.dllがないためプログラムを開始出来ません」
と怒られてしまうので、
C:\Program Files (x86)\ZOOM\S2t C5.1t Driver\zms2c5ap.dll

C:\Windows\SysWOW64\
にコピーする。
起動時に「No such device: ZOOM S2t C5.1t ASIO」と言われるが気にしない。

さすれば無事起動しますぜ。

あとはDeviceからASIO4ALLのセッティングを開いて、
ZOOM s2t以外をオフればおk。

あとはギターやベースをつないで
セッティング変えつつ楽しく弾こう。
やっぱ便利なんだよなぁ、コレ…。

しばらく見てなかったけど、こうして久しぶりにZOOMさんの公式サイトみると、
コレとかコレとか、コレとか、
気になるのあるねー。
久しぶりにいろいろ覗いてみようかしら。泥沼だ…。

あ、一応書いておこう。実行は自己責任で。(今更やる人はいねぇか…。)

髭よさらば

節目節目では更新しておきたい。
きっとなにかのやくにたつから
(記事長めだよ)

妻の顔本を見た人も見てない人も、
色々ありましたよってことで。

さてどこから話そうか。
とりあえず、退職しました。
まる三年、だと思ってたら実はまる四年だったってことが判明して、びっくりしてはいるのだけど。

妻の投稿みて色々心配かけた方もいるかもしれないし、
妻の方へ連絡くださったりコメントくださったりして、
ドムタカショーくんからも
命中補正+60%でかつP兵器のトライブレードLINEもらったりして
(このトライブレードダメージの代わりに修理機能ついてるな)
有難いやら申し訳ないやら、本当、色々な方に支えられて生きているなぁということを改めて実感しました。

本当は直接御礼言いたいところなんだけど、
急にむさっ苦しい男が「ありがとうございます!」なんていってもなんのこっちゃになるかもしれないので、
この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございます。
妻にも心配と苦労をかけてしまったし、本当に申し訳ない。

ただまぁ、実のところ揉めたかというとそうでなくて、
というか俺自身が揉めるのがとても嫌いなので、
色々言うことはできるのかもしれないけど、
そんなことをしたところで心労が増えるだけだしねってことで
円満退社致しております。

揉めたところでいいことがある訳じゃなし。
折角出会った人達だし、喧嘩別れみたいなのは夢見も悪いし。
今日も会社に行って社長や役員に挨拶して、元同僚の方と楽しくおしゃべりしてきたし。
言いたいことをただ言うだけが全てじゃないしね。
嘘はつきたくないけど、
円満に回るなら黙るって選択肢もあるからね。

というかね、良くも悪くも、
色々勉強させていただいた、ってのが本音。
しかも取返しのつかないような負債を抱える、
みたいな痛手を被ることなく、ね。

そういう意味では、
やっぱりいい経験だったのかなぁなんて思える、かな?
貴重な20代後半を棒に振ってしまったのか…
なんて思うタイミングもあったけどさ。

結局のところ、俺は自分を表現するのが
苦手ってところに尽きるのかなと思ったりもした。
就職・転職の際にもっと自分の言いたいことを
言わなかったせいかもしれないし、
仕事しながらも自分を殺して演じ過ぎたのかもしれないし。
もちろん完全に自己を出すのが
いいことだとは俺は思えないけど、
必要以上に我慢する必要もないわけで。
妻はそれで歯痒い思いをしていたようだけども。

まぁ、それはそれとして、
いい人もいるし悪い人もいるし、
良いこともあれば悪いこともあるし、でね、
イヤな問題避けて通る人生なら論外で、
トラブルは素晴らしいチャンスなわけですよ。
シンパイナイモンダイナイナイナイザッツライフイッツオーライ
高い勉強料だと思ったけど、
もしかしたら安かったのかもしれないしね。
それは、今後俺がこの経験をどう使うかって
ことなのかなぁと思う次第でございます。
今回の件でよいご縁にも巡り合えたしね。

それで今日は、早速面談をしてもらってきました。
やっぱりさ、できる人と話すといいね。
改めて自分ができないな、って思えるし、
それによって悔しいし頑張らねばって思えるしさ、
いい刺激を受けられるよね。何より楽しいし。
現役時代に西村先生のところにいって、
研究のことやらなにやらかにやら
お話させていただいていたのを思い出した。
あの時も色々刺激を受けて、
うわぁ頑張ろう、ビックになろう
って思ったりした訳で。
カイエンには乗りたくない

妻と周りの方々のおかげで、
とりあえず次のお仕事も決まりそうです。
ありがとうございます。
不安もいっぱいやることいっぱいだけど、
全部、楽しいことだからね。

不安もなにもないことなんて、
宝箱に罠のないWIZ、
モンスターハウスのないシレン、
ロンダルキアのないDQ2…はちょっと違うか、
閃きのないロマサガ3
(2でも可、というかロマサガじゃなくても可)
みたいなものじゃない。

だったら、ドキドキしながらも楽しんだもの勝ちだし、
やりたいことやったもん勝ちですよ。青春なら

とまぁ、そんな感じで生きています。
ご心配おかけしました。ありがとうございます。

適当な箱を見るとアンプ作りたくなる病

煙草箱型音響信号増幅器症候群
<スモーキーアンプシンドローム>
(厨二病患者)

というわけでこの前飲みに行った際に
後輩くんがタバコを吸っていているのを見て
ムラムラっとしてしまい
「にぃちゃん…その箱…アンプにしたくねぇかぃ…?」
と声をかけたら快諾されたのでうっひゃほいと作成しました。

今回のターゲットはアメスピ。吸い終わった箱を貰いました。

中の銀紙とかを取り除きまして

中がつぶれないようにプラ板で補強。
木とか金属とかでやってもいいのかもしれない。

この後穴をあけたりして、ガワはこれにていったん完成。

(ガワはできたので)あぁ…次は内部回路だ…。
きったねぇ字だなおい。
とりあえずざっくりと値とかを決めてみる。

で、そのまま組んでもよかったんだけど、
一応音チェックしてみた。
久しぶりにブレッドボード使いたかっただけ。

結果:ちゃんと組まないと音もクソもない。
まぁ、パーツ不良が見つけられたので
結果オーライということで。

で一応レイアウトも書いてみたけど、
これもなくてもよかったかな。
きったねぇ字だなおい。

そんなこんなで回路部と
(見切れてるけど)箱にパーツをつけました。

あとはこれを繋いで、IC差し込めば完成です。

ね?簡単でしょう?

今回はノイズ削減に気を使った結果、
普通に家で使えるアンプになったかもしれない。
個人的にはもうちょっと攻撃的な音でもよかったかなぁと
思ったりもするけどそこまで行くと自分用でやれよって
話になったりもする。
(今回は音チェック動画はなしです。)

自分が完璧だって思えるものを作るのは難しいね。
作ってる最中はいいんだけど、
作り終わってみると、音が…とか、パーツレイアウトが…ってなってしまう。
多分また次回作ったらもっとここが…ってなるんだろうなぁ。

でも作るのは楽しいね。
この箱でギターアンプ作ってくれYO!っていう依頼、
待ってるぜ!
2000~3000円ぐらいで請負〼。
なにジョジョ?自分で作ったほうが安上がりだ?
ジョジョ それは原価だけで考えるからだよ
逆に考えるんだ
「買うよりは安い」と考えるんだ

俺はタバコ吸わないからタバコの箱は空箱で。

思う所

最近思ったままを書くみたいなことをしてないような気がするなぁ。
いや、書いてはいるけど公開しなくなった、が正しいのかも。

ふと昔の日記を見たら
今と同じような悩みをしているような。
なんかその頃と今とあまり変わらないのかー、
俺って成長できてねぇのかなぁとか思ってしまうよね。

でも、多分できることは増えているんじゃないかなとも思う。
これが本当にできることが増えているのか、
それとも直近4年ぐらいの自分の人生を否定したくないから
そう思ってしまうのかはわからないけど、
定期的に同じような悩みをもってしまうってことは多分、
何かのきっかけがないと悩み続ける問題なわけで、
それは俺にとってとても大事な悩みなんだろうなぁ。

まぁ、それを踏まえてだね、
ただ悩み続けるだけでなく、
どうしたら吹っ切れるか、が大事なのではないかなぁと。
その為に動いてきたつもりだけど、
思い悩むってことはまだまだ足りないんだね。

そういうお年頃なのかもしれないけど、
去年あたりから人生の射程距離みたいなものが見えてきてしまって
なんかこう、なんだかなぁなんて気持ちになってしまっていたけど
それはただ自分で自分に制限をしているだけで、
所謂できない理由探しなのかもしれないなぁ。

できないことが恥ずかしいことだと思って、
でもできないってことを認めたくないし恥はかきたくないから
できなんじゃなくてやれないんだ的な風に思い込んでるというか。

でも、できないことは恥ずかしいことではないというか、
多分できないことをできないって認めないことが
恥ずかしいことではないかなぁ、と今は思える。
考えてみりゃ俺みたいな凡人は
初めてやることはできないってのは当然でさ、
むしろだからこそ、面白いともいえるよね。
俺TUEEEEEEはつまらないじゃない。
素直にそう認められるようになっただけ、
ちょっと成長したのかしらね。
できないことを認めないと自分のできることがわからなくなってしまうしね。
自分を客観的な視野で見ることは常に意識しないといけないな。

こんな歳になっていまだにこんなこと言ってんのかよって
考えるとちょっと恥ずかしい気もしないでもないけど、
でも多分、ずっと俺はこうなんだろうね。
まぁ、深夜だしってことで。
なんかこういう内容で日記を更新して残しとくって、
今みたいにちょっと立ち止まってしまったときに
振り返りが短くて済むというか。
こうやって俺は精神安定をしているわけか。なるほど。

オリジナル商品ですってよ奥様。

SUZURIっていう
簡単に商品を作ってくれるサービスがあったので
過去に登録をしていたことのでした。
たまたまメルマガが目について思い出しました。
そういえば登録していたなぁ、と。

折角なので新しい商品を登録してみました。
面白いね。ちょこちょこ追加してみようかしら、なんて。

ってなわけで。こんなん追加しましたよ。
以下宣伝。

基本的に自分で登録して自分で買うってことになりそう。
まぁ、それもよし、か。

宿題を済ませた感

はねがねくんに依頼されていた
エフェクターの修理が完了しました。

これ。Blues Breakerコピー。

去年か一昨年ぐらいに頼まれていたのがやっとできた感じ。
いや、ほんと時間かかり過ぎだわ。
できない言い訳を探すもんじゃないよまったく。
やろうと思えばできるものさね。

修理の為に裏蓋を開けてみると、

2009年だって…。
もう8年も前だ。
何もかも皆懐かしい…。

というわけで、8年も前の自分と向き合うチャンスなんて
なかなかないので、備忘も兼ねて作業メモを残すことにしよう。

—————–

なんか最近音が安定しなくなった、とのこと。
多分どっかショートしちゃったのかなぁと辺りを付けた。

とその前に、
アダプタコネクタ周りの配線に難があったような気がしていたので
まずそちらから。

思った通りセンタープラス仕様になっていた。
デファクトスタンダードに習いセンターマイナスにする。

その際、アダプタコネクタの仕様について、
無知故の勘違いがあって、ちょっと手間取った。
忘れないようにメモをしておこう。
知ってる人には今更な話で恥ずかしいのだけど。

赤丸が接続されてて、これがセンターね。

黄色丸通しもショートされてるんだけど、
アダプターが接続されるとこの二つが接続されなくなる。

だから電源と電池の両立ができるわけなんだけど、
(上側の黄色丸のみ接続されて右側は接続されなくなるので、
右側に電池の+を接続するようにすればいいんだね)
接続し直すときにうっかりしててしばらく悩んだ。

いや、危ない危ない。
8年前はできてたことが今できないって羽目になるところだった。
直観でできたことの理屈をきちんと理解できるようになった、
ということにしておこう。

そして問題の出力音のムラについては、
思った通り微妙に回路の一部がアース(というかケース)に
接触してしまっていることが原因のようだ。
狭い所に無理やり押し込んだからね…。反省。

止める前に一応回路を追ってみて、それ以外のショートとか、
問題個所はなさそうだったので、
回路を樹脂でしっかりと固めて、
工事完了です…。

というわけで音チェック。
拙い演奏なのは勘弁してくれ。演奏技術もない。

———–

依頼品だからしっかりやるのは当たり前だけど、
8年前の自分もしっかりと回路を組んでるじゃない。
やるじゃない(ニコ!

本当は塗装とか、ツマミ用の文字とか書こうとして、
こんなもの↓もつくったんだけど。

それに関してはまだ力及ばず。
次回の制作物までの課題だな。

いやしかし楽しいね。
久しぶりに思い出したよ。回路と睨めっこもいいもんだ。

細々と 徒然と